重機は下取りに出す前に買取で査定してもらおう

資産を売る

企業の純利益を出すときには減価償却費というものが差し引かれますが、この中にはトラックや重機などの使用状況が計算されています。所有している内は財産になりますので、もし売却するならできるだけ高い値段で売ることが大切なのです。

こんなものも売れる!知らなきゃ損な買取の世界

玩具のトラック

産業界で必要

トラックには様々な機能がついており、現在出回っている中古トラックにも様々な機能がついているものがあります。そんな多機能なトラックでなくても、販売ルートがたくさんある業者だとすぐに買い手を見つけることができるでしょう。

READ MORE
電動工具

小さな工具も買ってもらえる

ドライバードリルは日曜大工を楽しむような家庭では一般的に存在する電動工具となっています。こういった電動工具についても買取してくれるところがあるので、どんなものを扱ってくれるのか、ちゃんと作動するかを確認すべきです。

READ MORE
重機

色んな重機を扱っている

オークションで重機を販売しているようなところや、お客様に直接販売しているところだと高値取引が可能になることが多いため、そういったところに注目し販売しましょう。何を売りたいかでお店を選ぶスタンスも変わってきます。

READ MORE
トラック

実際に訪ねなくても良い

会社や自宅にいながらにして、複数の業者を調べることがインターネットを使えばできます。その業者のホームページには基本的なサービス情報が掲載されていますし、ある程度までなら業者を絞り込むのに役立てられるのです。

READ MORE

新着情報

必要な書類は買取の当日までに揃えよう

販売証明書

ブルドーザーなど特殊な現場で活躍するような巨大な車だと、ナンバーがついていないことが多いです。自走しない重機に関してもそうですが、こういった機械を売却する際には、買取業者への販売証明を示すために書類が必要になります。

譲渡証明書

実印を押さなければならない場合と、実印の捺印が必要ない場合があるので注意です。買取業者へ販売ではなく、単に譲渡したことを証明するための書類となっており、実印は大型特殊自動車を売却する際には捺印しなければなりません。

印鑑登録証明書

大型特殊自動車の買取の場合に必要になるのがこの印鑑登録証明書です。小型やナンバーのない車の売却時には必要ないですが、発行年月日はできるだけ新しいものが良いです。発行から三ヶ月過ぎてしまうと使えないので注意しましょう。

固定資産税の納税証明書

普通自動車であれば、自動車税の証明書が必要になりますが、重機や大型特殊自動車であれば固定資産となるため、毎年固定資産税を支払います。その納税がされている車でないと、売却するのが難しくなるので保管場所は明確にしておくべきです。

現金がなるべく多く欲しい

作業着の人

手数料がかかる

下取りの方が面倒くさくないから、電動工具や重機を買取ではなく販売店やディーラーの下取りに出してしまおうと考えるのは危険です。もしできるだけ高い値段で購入して貰いたいと考えているのであれば余計な手数料がかからない下取りに頼んだ方が良いのです。下取り査定手数料や下取り諸手続き代行費用などの手数料がかかってきますし、中古市場の相場が考慮されていないなどのデメリットが下取りにはあるのです。

複数の会社から見積もりが取れる

下取りとなると購入したディーラーしか査定してもらうことができないのですが、買取では複数のお店に査定をしてもらえるため、その中から一番自分が考える好条件の会社を選ぶことができるのも魅力です。
ランキングや口コミで、どの買取業者が一番評判が良いのか、サービス内容が充実しているかなどを確認して、好条件を選びましょう。

[PR]

重機買取の人気業者をピックアップ☆
査定料・出張見積もり・手続きの代行を無料で対応♪ 電動工具は買取できるんです。
見積もりをしてみよう。 中古トラックを検討しているなら注目★
まずはサイトを見てみよう。