産業界で必要|重機の買取についてSTUDY【中古でも高値がつく!】

関連する業界の動向によって変化してくる中古トラックの相場

車は至る所に存在する

車がもしこの世になければ、今のような発展はなかったといえます。そのため、車は世界中至るところにあり、運送業の人のみならず様々な人の役に立ち、愛されています。トラックの場合は運送や建設業界で活躍の場が用意されています。

こんなこともできる!トラックの機能に注目

ペダルで最適モードを選択

ハイブリッドのシステムがついているようなトラックには、ペダルが二つ付いている場合があり、一つのペダルでエコモードとノーマルモード、どちらか最適な走行モードを選ぶことができるようになっていて、オートマしか運転できない人でも簡単に操作ができます。

ハイブリッドエンジン

近年のトラックには、より環境に優しい効果をもったトラックが多くなっています。中古でもハイブリッド車は増加してきていますので、燃費が良い大型車を安い値段で乗ることができます。ハイブリッドマークがついている車に注目すべきです。

パワーモード

従来のトラックではペダルやクラッチの操作で速度や馬力を変える必要がありましたが、トランスミッションが多くなったため、アクセルとブレーキで簡単に操作できるようになっています。そのため山間での作業が多い企業が重宝しています。

シフトアップ機能

道を走行しているとそれほどスピードが変わることがない場合があります。そういった場合はできるだけ低燃費で走れるようにした方が良いのですが、忘れてしまいそうな人にはシフトの変更を促す機能がついているトラックが便利です。

補助ブレーキ機能

トラックの前を走る車にとっては、車間距離を詰められると圧迫感があり怖いものです。大きな車を運転している人にとってはその感覚が分からないこともあるため、補助ブレーキ機能で車間距離を保つことができると周囲に気を使った運転ができます。

産業界で必要

玩具のトラック

経済状態によって変化する

トラックは下取りに回さずに中古トラック買取業者に引き取ってもらうという人が増えています。これは、日本では現在オリンピックに向けて全国各地で建設ラッシュが相次いでいるためでもあります。
今では古いトラックでも価格が高く取引されているのですが、このように日本や世界の政治や経済状況によっても変化してくるのです。

世界で注目

日本だけでなく、世界に目を向けると常にどこかで国が発展し、インフラ整備がなされている状態なので、日本で建設業界があまり活況でなくても諦める必要はありません。
海外で販売ルートがある中古トラック買取業者を探して、買取してもらえばきっと満足のいく値段で引き取ってくれるでしょう。

直接売れる

なぜこのような買取業者が隆盛を極めているのかというと、経済状況の変化もありますが、独自の販売ルートも影響しています。
普通、メーカーの下取りだと中間の業者が様々に挟まれ、結局差し引かれる額が多くなってしまうのですが、中古トラック買取業者の場合は直接売ることができるため、売れ残りが少ないという利点があるのです。そのため、買取価格を高くしても問題ないのです。

モデルチェンジがあったら即対応

このように、売却する人にとって良い条件が多い中古トラック業界ですが、モデルチェンジがあったらぐずぐずせずにすぐに売却した方が良いので気をつけてください。
モデルチェンジがあると新車販売のメーカーでも前の型を安く販売する傾向にあります。そのため、中古ではなく新品を購入する人も増えてくるというわけです。中古業界でもモデルチェンジ前の型が増えますので、そうなる前に売却することが必要になってきます。